真冬のツーリングでユニクロのブロックテックシリーズを試したぞ!

やっほー。くじらだよ。

くじらの会社でバイクを乗っている人からツーリングのお誘いを受けました。

広島から尾道までのツーリングで、片道およそ100kmの道のりです。

しかし、今って1月じゃん。寒いじゃん。

くじらはあんまり冬に遠出しませんから、特別に冬用の装備って持ってないんですよね。

しかもバイク用の装備って高いじゃないですか?

どうしようか迷った挙句、ネットで評価の高いユニクロのブロックテックシリーズを試してみようと思ったわけです。

別にワークマンのイージスシリーズとかでもいいかなぁ。とも思いましたが、ユニクロのほうがバイク以外での汎用性が高そうだなと思ったのもある・・。

ってわけで防寒対策として買ったブロックテックシリーズ、果たして役に立つでしょうか・・・。

あわせて読みたい防寒記事

・デイトナのホットグリップ巻きタイプイージーを取り付けてみたぞ!

・冬の寒さにハクキンカイロ!バイクツーリングにも使えるぞ。

くじらが今回使用したものたち

上半身

・ブロックテックパーカ(今回買った!)

・コミネのプロテクター(既に持ってたやつ)

・ユニクロのウルトラライトダウン(既に持ってたやつ)

・GUのスウェットシャツ(既に持ってたやつ)

・極暖ヒートテック(今回買った!)

下半身

・防風イージーパンツ(今回買った!)

・極暖ヒートテックタイツ(今回買った!)

・厚手の靴下(既に持ってたやつ)

・コミネのショートブーツ(既に持ってたやつ)

という構成です。

これでも1万円ちかく使っちゃったよ・・・。

ブロックテックの各部をご紹介

ブロックテックパーカ

物はかなりペラペラです。これでなんとかなるのか若干の不安が・・。

裾のあたりにドローコードがあります。

袖部分にはマジックテープがあり袖からの寒風をシャットアウト!

防風のかなめPUコーティングとシームテープ

裏側はPUコーティングされており、縫い目の部分もしっかり防風されてます。

ここら辺は丁寧で抜かりない感じです。

前開きのジッパー部分も前側にコーティングがされており、ジッパーからの空気の流入は抑えられています。

しかも、裏側も防風布が配置してある入念さ!

防風イージーパンツ

全体的にシャカシャカな感じの風合い。防風フィルムのせいかなと思います。

裾の部分にドローコード。これはうれしい。

蒸れ防止用のベンチレーション

蒸れ防止用のベンチレーションが側面についていますが、今回は使わず・・・。

どれぐらいの気温でバイク使用に耐えられるか?

余裕の気温は8-9度ぐらいか?

まぁ、この「耐えられる」って基準は乗っている車種や中に着ているものの構成によって違ってくるとは思いますが、くじらの構成で余裕なのは気温8-9度ぐらいでした。

これぐらいの気温なら平気です。

しかし、ツーリング中は刻刻と状況が変化していきます。

晴れていても少し標高の高いところなどに行くと寒さを感じます。

実際に5度ぐらいになると厳しくなってきますね。走れないほどではないですけど。

ツーリングが終了するぐらいには日も落ちてきて、山の中の峠道では4度くらいになったんですけど、ここまでくると正直寒いです。

それまで走りっぱなしなんで冷えてるのもあるんでしょうけど、そうじゃなかったとしても

気温1度とか2度とかの場合に使えるかといえば、ちょっと考えたほうがいいですね。

バイクを降りて街中散策の時なんかは温かかったですけどねぇ。

ブロックテックパーカーをバイク用に使う注意点

サイズは大きめを選択しよう

くじらはこの下にプロテクターを使用してますので、着ぶくれ分を含めて2サイズアップで購入しました。

結果、正解!

プロテクターのスマートな装着という点では、バイク用のウェアに軍配が上がるのは間違いないです。

くじらは上着に関係なく装着できるタイプのプロテクターを使用していますが、これが結構ボリュームがあってサイズ選びが難しいです。

ちなみにプロテクターはこれを使用しています。


 

防寒着としてもおなかが冷えずにいい商品です。

暖かいかどうかはインナーで決まる!

ブロックテックパーカーの防風性については「さすがだなぁ。」と言わざるを得ませんが、これであったかいかといえば答えはノーです。

例えば運動しているときのウィンドブロックと考えるとかなりいい商品だと思いますが、バイクに乗っている状態って体が発熱してませんよね?

乗車状態の体温をどう維持するかに暖かさはかかってます。

なので中にしっかりと保温ができるものを着たほうがいいです。

2019年の冬を走るためにくじらはuniqlo uの「ウォームパデットリバーシブルブルゾン」を購入しました。

ほんとは普段使いに使おうと思って買ったんですが、結構暖かい。

適度なボリューム感で「ウルトラライトダウン」よりよくね?

と思っちゃったわけです。

まだめちゃくちゃ寒くなってないんで、効果は未知数ですが13-14°ぐらいの気温でブロックテックとのコンビで走ると「全く問題ない」状態でした。

このブルゾンの場合、ボタンで前を止めるタイプですからそのままだと風が入ってきて冷え切ってしまいます。

しかし、上にブロックテックを着ることで弱点を補っちゃうわけです。

さらに、ツーリング先でもブロックテックを脱げばそのまま散策できる構成で、ありなんじゃないでしょうか?

皆さんもいろいろ工夫すると面白いですよ。

2019年追記ー2019年構成でツーリングへ行ってきました。ー

11月下旬。曇りの日で広島県北部へ。気温は10°前後と思われます。

やっぱり風が当たる腕部分は朝方ちょっと寒いです。しかし日中は全く平気でした。

2020年追記ー2019年構成でツーリングへ行ってきました。ー

1月中頃。曇りの日を山口方面へ。路上の温度計では5-6°ぐらいの表示でした。

1時間ほどでは問題ありません。やっぱり二の腕とかは寒さを感じます。

手袋をしてますが、体より手が冷たい感じでしたね。

日が当たると割とあったかかったです。

これぐらいの温度なら耐えれる感じでした。

2020年追記ー2019年構成でツーリングへ行ってきました。寒波襲来ー

西日本を最強寒波が襲った日に1時間ほどツーリング。

雪が舞い散る中でしたが、晴れ間もあったので余裕でした。道路の温度表示では3°との事。

かなり寒かったですが、結構耐えられるものです。

日差しがあれば、熱補給ができるからでしょうかね?

ちなみに腕部分のアップ。雪をはじいています。ちょっとぐらいなら撥水性もありますよ。

結局ブロックテックシリーズは使えるか否か

結論としては使える!しかし、工夫も必要。

という感じです。

正直ブロックテックパーカーの防風性はかなりのレベルだと思います。

そういった点ではオススメできる。断言!

しかし弱点は

「保温力」が全くないことです。

ココは工夫が必要。

防寒の肝はインナーですよ。

特に風が当たるところはブロックテックパーカー自体が冷えるので体温が奪われてしまいます。

インナーがウルトラライトダウンの状況では風が強く当たる部分(二の腕から腕)にかけて寒さを感じてしまいました。

次に防風イージーパンツについてですが、これは正直ブロックテックパーカーほどの防風性は感じません。

まぁ、普通にジーンズはいていくよりは断然いいですけどね。

なんというか足の付け根のあたりが寒いという感じでした。風が抜けるというより風が当たって冷えたところが寒い感じでしょうか?

下にヒートテックタイツをはいていますけど防風イージーパンツ一枚でというのはやめたほうがいいですね。

下半身についてはもうちょっと検討が必要かな?というところです。

これにオーバーパンツをプラスすればいいんですけどね。脱いだりきたりがが面倒くさいですよね。

ズボンのほうはもうちょっと検討してみたいかな。

ユニクロのマネキンみたいになってしまいましたが、いずれにしても使える装備ってことは間違いないです。

ただ、間違っても雪山アタックとかはしないように・・・。そこまでの装備ではありませんので・・。

えんど