激安巨大リアボックスはめちゃ使えるぞ!オススメ!(アドレスv125に装着)

やっほー。くじらだよ。

くじらが通勤に使っているバイクはアドレスV125です。

とっても便利なやつなんですがメットインの積載量が少ないのが難点。

となると残るはおっさんの代名詞リアボックスですよね?

ただ、ボックスって結構値段がするのよね・・・。

GIVIとかGIVIとか。(狙い撃ちか!)

ということで、今回はAmazonで売られている、でっかくて安いリアボックスは使えるのか検証します。

 

購入したリアボックスの紹介とポイント

今回くじらが買ったのRay’sリアボックス46L!

なんですが・・・。
廃版になったみたい・・・。
2019/02/02現在。
多分一番近いのはこれ。48Lです。
見た目もほとんど変わらないのでブランドとリッター違いのものと思われ・・・。



Good!ポイント

  1. 安価である
  2. とにかく大容量
  3. 専用ブラケット付きで脱着簡単。

Bad!ポイント

  1. 作りがぺラい
  2. デカすぎて乗り味がちょっと変わる
  3. 鍵の作りがしょぼい
  4. 蓋のかみ合わせが甘い

欠点もありますが、正直かなりいいですよ!

かなりオススメ!

Good!ポイント解説

安価である

安いよ。専用ブラケット付きでこの価格はすごい。

しかもブラケットも別売りで入手できるのはありがたい。

MEMO
後日、別売りのブラケットだけ購入しもう一台の単車であるトリッカーに装着。めちゃくちゃ便利になりました。

とにかく大容量

商品が届いて箱から出し、まず第一声。

で、でかい。

本当にでかい。

ちなみに5歳の長女がちじこまった状態だと収納できますwww

これをアドレスにつけたらバランスが相当やばいんじゃないのか?

という一抹の不安を感じる逸品です。

実はくじらはこのボックスの前にちょっと小さい別のリアボックスを使ってました。

使っていたのはSHADのSH25という25リットルのケース。まぁ、フルフェイス一個分ぐらいのケースです。

使用歴は10年越えで、主な使い方は雨具入れです。

ちなみにSH25はこんな感じの収納量。ヘルメット1個ですね。

ヘルメットはアライのMZ(ジェット)Lサイズです。

ただ、転職してから通勤カバンを変えたことがきっかけで今までのボックスではカバンが入らない事態になっていたのでした!

(通勤カバンは今までリュックでしたが、普通の長方形のビジネスバッグにチェンジしたのだ!)

新しいカバンは結構横幅が大きくて45cmぐらいあります。この条件がきつくて相当大きなボックスでないとなかなか入りません。

当然SH25では対応ができず、足元にカバンを置居ていたのですが雨の日などに困っておりました。

今回購入したボックスではすべてを飲み込める大容量ですので大活躍です。

早速ですが装着した状態

でーん。で、でかい。

 

何度も言うけどでかい。アンバランス感半端ないです。

ただ、これ見慣れてくるのが不思議・・・・・。

 

開けた状態

ラフロのカッパを入れてます。(ちゃんとたためよww)実際にはしっかり畳むと半分の大きさで収納できます。

ボックスの端っこにはふたがパカーンとならないようにゴムでできたヒモが付いてます。小技がきいてるぅ!

専用ブラケットで脱着簡単

リアキャリアに固定で装着するようなタイプではなくて、専用のブラケットを使って装着するタイプなので脱着が簡単で楽です。

購入するとセットでついてきます。

前に使っていたSHADのボックスもそういうタイプでしたのでいざ取り外すときの楽ちんさは知っていたので今回もそういったタイプを選択しました。

結果、大正解!

鍵穴の下のボタンを押すとワンタッチでブラケットからボックスを外すことができる親切設計!こちらも気が利いてるぅ!

ちなみに上のボタンは蓋の開閉ボタンです。

Bad!ポイント解説

作りがペラい。

まず、作りが全体的にペラい。強度的に不安になる感じではないけどSHADのものに比べると硬さが足りない感じですね。
まぁ、この辺りはお値段なりと言ったところでしょうか?

大きいので乗り味が多少変わる。

また、後ろにかなり大きな重量物がつくので少し走行時の安定性が損なわれた感じ。というか乗り味が変わった感じと言ったほうが正しいかも。慣れるレベルなので心配いらない。

鍵の作りがしょぼい。

やけに大きな鍵がついてる・・・。ちょっと邪魔。鍵穴も節度なくクルクル回るので安っぽい(実際安いんだが・・。)

蓋の締まりが悪い。

SHADのものはパタンと閉じたら普通にしっかり噛み合って閉じれますがこれは一手間いる。これが一番めんどくさい。

具体的には下の画像を見てください。

蓋をパタンとしたところ。上と下が噛み合ってない。

蓋を閉めるには下から手を入れて噛み合わせを調整します。

急いでる時にこの一手間がめんどくさく感じます・・・・。

 リアボックスのバイクへの装着について。

キャリアにブラケットを固定します。

それにしても、キャリア固定用のブラケットもついてこの値段は安いよなぁー。

と感心しつつバイクへの装着ですが、当然のごとくリアキャリアが必須です。リアキャリアがないバイクの場合はキャリアをまずは付けましょう。

付属のブラケットには固定用の金具が4つ付属しています。ブラケットにある四角のマス目のようなものに固定用金具を入れてキャリアと固定します。

以前使っていたSHADのものと比較すると、装着するための金具固定用のスペースであるマス目は大きめです。

SHADと比べてあまり細かい調整はききません。

この辺りは値段なりです。固定がむずかしい場合はホムセンとかでステーを買うなどの工夫が必要になるかも?

くじらは問題なくつけれましたけど・・・。

この辺はキャリアとの相性もありますね。

ブラケット部分アップ

マス目の中にある金属が固定用の金具です。

これをキャリアのちょうどいい部分に入れ込みボルトで固定します。

ブラケット裏側です。付属の金属でキャリアと固定します。できればキャリアの四隅で固定できればいいと思います。

まぁ、マス目に入れる金属の調達は難しいかもしれませんがボルトやステーなんかはホムセンで調達もできそうですね。

まとめ

まぁ、安いですし実用上の問題点はありません。ボックス装着後3ヶ月ぐらいが過ぎてますが特に痛みもありませんし通勤車両に使用するのであれば一考の価値があるものでした。

さらに追記
購入後8か月ぐらい立ちますが、何ら問題ありません!

やっぱりリアボックスは最高だなぁ〜。



えんど