メガネでオフロードゴーグルってどうよ

やっほー。くじらだよ。

くじらはバイクに乗るのにオフロードヘルメットとゴーグルという格好で乗ることがあります。

正直くじらはほとんどオフロードを走りません・・・。

格好だけです(汗)

ただ、くじらはメガネっ子。

眼鏡着用ライダーの皆様におかれましてはオフロードヘルメット(シールドなし)でゴーグル着用は難しいのでは?という一抹の不安があるのではないでしょうか?

ヘルメットについてはこちら!

今回はそんな人に贈るメガネっ子のためのゴーグルのお話です。

まぁ、非オフの恰好だけのゴーグルなんですけどね・・・。

ゴーグルにはいろんな種類がある。

ぱっと見はどれも同じ見えるゴーグルも、ちょっとずつ相違があります。

眼鏡ライダーにも使えるゴーグルもあるってことです。

メガネ用ゴーグルを使う

メガネっ子に対して一番優しいと思われるのが、メガネ用ゴーグルです。

普通のゴーグルと比べると数は少ないながら存在しています!

写真のゴーグルはくじらが以前使っていたゴーグルで、スミスのoption OTGゴーグル(OTGっていうのはメガネ用ってことらしい)

今は販売中止になっているみたいです・・・。紹介しときながらすみません。

鉄板ブランドのスワンズには「MX-797」という眼鏡用ゴーグルがあります。デザインはちょっとそっけない感じですが入手性は良いと思います。


こうしたゴーグルだと眼鏡着用が前提なので、ある程度眼鏡でもゴーグル着用が容易かと思います。

メガネ用でなくてもイケるゴーグルもある。

また、メガネ用でなくてもメガネが使えるゴーグルはあります。

実際に眼鏡用ではありませんが、くじらが使用中のゴーグルをご紹介しておきます。

上で紹介したスミスのゴーグルの代わりとして買ったものです。メガネ対応とはなっていませんが、メガネとの併用は可能でした。

ゴーグルはプログリップのレースラインゴーグルです。


結構気に入ってます。価格も安くて助かるし、メガネが使用できるのはありがたー。
デザインもスワンズのものより好みです。

メガネ用ゴーグルとそうじゃないゴーグルの相違点について

せっかくなのでくじらの持っているゴーグルで、メガネ用・通常ゴーグルの相違点を確認してみます。

一番違うのが横幅。

上が現在使っている通常用ゴーグルのレースラインゴーグル。

下がメガネ用のスミスのゴーグル。

スミスのゴーグルのほうが横幅はゆったりしています。

また、スポンジ先端からゴーグルのレンズ面までの距離についてですが、以下のような違いがあります。

スポンジからレンズまでの距離

レースラインゴーグル

赤線:4cm

緑線:3cm

スミスのゴーグル

赤線:4cm

緑線:3.5cm

横幅と相まってスミスのゴーグルのほうがメガネ的な余裕は大きいですね。

特に幅広のメガネの場合は違いが出てくるポイントかと思います。

レースラインゴーグルでメガネ装着状態の第一印象としては、「ちょっとフレームの両端がゴーグルのレンズ面に当たりやすいかもなぁ。」

という印象が強めだったこともお伝えしておきます。

あまりくじら的には大きな問題はないと感じていますけれども・・。

使用したメガネのついて

ちなみにゴーグルの比較に使用したメガネは以下の画像で5番のメガネです。

→オフロードゴーグルとメガネの相性について(スミスのゴーグル編ですけど・・。)

【相性確認!】いろんなメガネでオフロードゴーグルを装着してみた。

まぁ、上記の記事で相性確認のためにメガネの横幅や縦幅をデータ化してみましたが、正直どのメガネも大きな違いは無かったです。

そんな中でメガネ対応をうたっていないベースラインゴーグルで5番の使用が可能だったという事は、大体のメガネはこのゴーグルはOKという事だろうと思います。

また、レースラインゴーグルのほうがゴーグルの鼻に当たる部分がスミスと比べて少し下がっているので縦幅の広いメガネの許容度が高いです。

くじら所有の5番のメガネはかなり縦幅が広いですけど、今回のゴーグルにおいては縦幅はあまり気になりませんでした。

このあたりはゴーグルによっても違うところなんで、実際に使ってみるしかないのかなぁ。と思っています。

使用するメガネに対する考察

細めがやっぱり安全パイ

使用するメガネについてはやっぱり細めっていうのが第一条件であることは間違いないと思います。

なのでメガネフレームがプラスティックでできているようなセル枠や流行のクラシックタイプで天地幅が大きいものは向かないと思います。←くじらの分は大丈夫だったけど。

また、メガネのフロントから耳にかける部分も柔らかいタイプ(弾性がある)よりしっかりとした金属の固めであまり太い作りでないほうが良いように思います。

後はどうしてもメガネがゴーグルで顔側に押さえつけられる関係上、目とレンズの距離に余裕がないとレンズに瞼が当たったりしてレンズが汚れやすくなります。

メガネの鼻あて部分の調整を行ったり、そもそも調整がいらない鼻あて固定タイプでしっかり目からの距離が取れるものが良いかと思います。

ゴーグルとのフィッティングについては組み合わせがいろいろありますから難しいですよねぇ。

追記
メガネとゴーグル・ヘルメットについてちょっと別記事を作りました。
【相性確認!】いろんなメガネでオフロードゴーグルを装着してみた。

まとめ

これはメガネ用・メガネ用じゃない関わらず全体的な話ですが、ゴーグル初心者としてゴーグルを使った感じは想像していたよりいいです。

割と快適です。ただ、視界はちょっと悪くなりますね。

個人的に気なったのは横方向。普段使っているジェット(アライ MZ)に比べると気を使わないといけない感じです。

車線変更とかでは横をしっかり確認しましょう。

ゴーグルってちょっとめんどくさい側面もあるギアですけど、着けると気分も上がってくるし面白いと思いますよ。

いろいろ悩んでるのも楽しいしね。

えっ? どうせオフロード走らないんでしょ!シールド付きのオフメットにしたらいいじゃないか?

まぁ、ガチな感じのものを使いたいっていうロマンですよ。ろまん!

(だってツアークロスとかホーネットとか高いんだもの・・・。)

えんど