【まぶたが腫れる!】赤ちゃんの霰粒腫(1歳)長男まぶたに注射される!

やっほー。くじらだよ。

霰粒腫って知ってますか?

霰粒腫とは
 眼瞼(まぶた)にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。

出典:日本眼科学会 霰粒腫

うちの場合は長男が1歳の時と次女2ヶ月の時にかかってしまい大変心配した思い出があります。ひょんなことからこの出来事を思い出し、記事にしてみようと思いました。

長男・次女どちらも快方までのケースが違い別々の記事としたいと思います。小さい子の霰粒腫ということで参考になれば・・・。

あくまでもくじらが経験したケースの共有です。くじらに医療的な知識はありませんので・・・。参考程度に。また、ちょっと記憶を頼りに書いている部分もあります。

今回は長男のケースです。

いきなり瞼の腫れが現れる。

長男1歳の時を嫁が「少し瞼が腫れているような・・・?」と言い出しました。

確かにちょっと腫れているような?

そのぐらいのほんのちょっとの異変でした。そしたら数日の間にどんどんまぶたが腫れてきて、ぱっと見でわかるぐらいになってしましました。

その時は霰粒腫ということは全く分からずでしたので、こんな小さい子を眼科さんが見てくれるのか?ということもあり行きつけの小児科にかかることにしました。

ひとまず診察が終わり(霰粒腫ということはまだわからない)そこでは消毒用の点眼薬が処方されて、苦労しながら点眼するということを続けていました。

が、一向に良くならず。腫れはどんどん大きくなります。しまいにはお岩さんのように腫れてしまいました。(ふ、古い)

嫁のほうがたまらず小児科の隣にあった眼科(ちょっと奥まってて気づかなかった・・。)に連れて行くと、そこの老先生が「小児科の先生には分からないんだったらこっちに回すように言ってるんだがね」とぶつくさ言いいながら診察してくれたようです。

嫁には「よく来たね。」と何故か嫁の頭をなでなでしたらしいです。(これはどうなんだろ・・。)

ということで今度は眼科さんのお世話になることになりました。

腫れの正体は霰粒腫!

眼科での診察の結果、ひとまず霰粒腫というものだということが判明。

病気的には「目が腫れている」という見た目意外に基本あんまり目に影響はないものであるらしい。

ただ、膨れたところが目を刺激してしまったりすると視力低下とかはあり得る。と言われました。

また、腫れたところにたまった分泌物が自然と排出されない場合、手術とかで取り出すことももありうる。また、小さい子供の場合全身麻酔となるので4歳ぐらいにならないとできないということも判明。

 

がーん。こんなに腫れているのに対処ができない。また、対処方法もめちゃくちゃ不安な感じ。

 

どうにか、自然に排出されないかと思い悩む日々でした。

そんな感じで眼科さんに通っていたのですが、あまり状況は変わりません。

そんな時に先生が腫れている瞼に注射で薬を送り込み腫れをなくそうと言い出しました。

 

えー!瞼に注射!それって大丈夫なの?瞼を通り越したりしたら・・・。

 

瞼に注射というのはめちゃくちゃ不安。しかも先生は結構なおじいちゃんだ!(←失礼!)

しかし、このまま放置もできず結局注射することに・・・。

注射時には立ち会えませんでしたが、嫁が言うには息子はタオルでぐるぐる巻きにされたうえで看護婦さん2人に押さえられて注射されたそうです。

注射は無事成功。

 

息子よ!よく頑張った!

 

霰粒腫のほうは注射後あれよあれよという間に小さくなり、瞼は元通りになりました。

実際には少し跡が残りましたが(注射の跡ではない。腫れのあと?)ほとんどわかりません。

霰粒腫での注射というのはしない先生・する先生いろいろいるようですが、息子のケースでは大変助かりました。

先生もリスキーだったと思いますが、よくご対応いただいたと思います。

まぁ、瞼の腫れと言われれば気にもしないような小さな感じですが腫れも大きかったのでだいぶん心配しました。治癒出来てよかったと思います。

PS

長男はそれからは霰粒腫にかからず、過ごしています。もこりごりだー。

でも次は次女が!次女編に続く・・・。

えんど