子供と映画館で初プリキュア!子供と映画鑑賞の注意点と感想いろいろ。

やっほー。くじらだよ。

映画館なんていつぶりだろうか・・・。

記憶にないなぁ。10年以上は行ってないと思う。

なんだけど子供と約束したプリキュアの映画へ今回は行ってみました。

見た映画は・・。

「HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

今回訪れたのはイオンモール広島府中にあるバルト11。

娘と姪っ子を連れて行ってきますよー。

久しぶりの映画館にくじらがドキドキですわ~。

映画を見る前に!諸注意

というわけで映画に行ったわけですが、その時感じた注意点を共有しときます~。

映画館OKなのは何歳からか?

映画館OKなのは何歳なのか問題・・。

まぁ、映画はプリキュアなのでちょっと騒いでも・・・って感じですけどね。

今回連れて行ったのは幼稚園児の娘6歳と小学校1年生の姪7歳でして、全く問題なかったです。

まぁ、お姉ちゃんですよ。

映画館には2-3歳ぐらいの小さい子も来ていました。

その子たちも特に騒いだりとかなかったです。

ただ、映画館は暗かったり・音量なども大きいです。

怖がったりして泣き出したりなど考えると4歳以上が安全な感じに思いました。

特に兄弟・姉妹などの場合、下の子がぐずると会場を出ていきたくても、上の子もほっとけないという状況になることも考えられますので注意が必要です。

獲得すべき席について

ズバリ真ん中より後ろ側の端っこなのでは?と思ってます。

くじらたちはバルト11のスクリーン5・E席端っこで見ましたが少しあごを上げて見る感じだったです。

この席は真ん中よりちょっと前よりの席でした。あごをもう少し楽にしようと思うとちょっと着座位置が高めの席が良いように思います。

子供たちは特に不満はなかったようですけが・・・。

このあたりは実際の映画館内で確認したほうがいいでしょうね。

また、不意の「おしっこ」攻撃に備えて端っこ側の席確保はしておきたい。

でないと「すみません。すみません。」と上演中に人の前を通らなければいけない可能性もあるぞ!

また、連れて行く子供の年齢によっては素早く退出しなければいけない状況が発生する可能性もあるので端側の席は鉄板でしょう!

ぐずったりしたら迷惑になりますからね。

上演前のトイレは必須

これは強制的に行かせておくべき!

くじらは上演前の時間に子供たちにトイレはないかと聞いたうえでポップコーンなどを買いました。

そしてポップコーンと飲み物を持った状態になったときに娘が「おしっこ」と言い出したのです。

ばか野郎ですよ。(トイレあるかと聞いてから5分内での出来事)

結局、荷物を持ったままトイレに入らなくてはいけなくなりました。

まぁ、トイレのお手伝いは姪っ子のお姉ちゃんがしてくれたので助かったんですけどね。

映画館での飲食物は量を確認しよう!

これは映画館によるところがあるので・・・。どうかと思いますがけど。

当日のくじらはポップコーンペアセットを購入しました。

ポップコーンレギュラーサイズにドリンクレギュラーサイズが2個付いたものです。

ちびっ子たちに喜んでもらいたいため小銭を使ったのさ。

という事で買ったんだけど、余りました・・・。

量はなかなか多いです。幼稚園年長+小学1年生では全部平らげるのは無理でしたね。

くじらは車でしたのでそのまま載せて帰りましたけど、電車とかの人はちょっと困るかも・・。

で、肝心の映画のほうは・・。

とにかく映像はきれいです。

最近のアニメってほとんどCGなんですかね?パッと見た感じそんな印象でした。

とにかく手間がかかってそう。

と思って調べてらこんな本が・・。

CG関係の専門雑誌のようです。

くじらはKindle UnlimitedっていうAmazonの書籍読み放題サービスを使ってるので、たまたま見つけたんですけどね。

読み放題の対象だったし・・。

Kindle Unlimitedについてはこちらの記事

書籍読み放題サービス!Kindle unlimitedが微妙にオススメ!

さらっと読んだ感想でいえば、すごいね。クリエーターの皆様が努力して作ってるのがわかって頭が下がります。

子供向けとは言え作ってるのは大人ですから・・。

まぁ、それなりのビッグタイトルってことです。かなりお金かかってるんじゃないかな。

ストーリーについて

ストーリーについては細かく書くとあれなんで、ざっくりとした感想でも・・。

くじら的には最初のはじまり方が唐突な感じで「?」だったため最初のとっかかりでちょと引っかかっちゃいました。

また始まりから中盤にかけて少し退屈かなぁという感じでちょっと眠けが・・。

ただ後半は盛り上がってましたなぁ。

激しいバトルとやさしさです。甘辛ミックス。

前半子供たちも退屈かなぁと心配で様子を見ていましたが、心配をよそにしっかり見てましたね。

ガン見でした。

映画館にて姪っ子の成長を発見!

幼稚園児の娘のほうは口をポカーンって開けてだらしなく見てました・・・。

座席の上でもゴロゴロしてますし・・。

ただ姪っ子のお姉ちゃんはしっかり座席に着座!

しかも内容に感動したらしく目に涙が・・・。

おー!お姉ちゃんになってくると感情移入ができるようになるんですねぇ。

姪っ子の成長を垣間見た瞬間でした。

新しい体験をすると新しい発見があるもんです。

まとめ

子供たちも初めての映画館で画面の大きさ音の迫力などに圧倒されてました。

いい思いでの1つになったのでは?と思ってくじらは満足してます。

そう。自己満です。

それはそうと、プリキュアがはじまって15年もたつらしいです。

歴史あるアニメですね。そろそろプリキュア世代の親が出て来るのでしょうか?。

そう思うと面白いし、続いてほしいですね。

「お母さんも見てたよ!」って結構熱くない?

えんど