ネット通販に完敗?リアル店舗に必要なのは買い物に対するキラキラ感だ!

やっほー。くじらだよ。

くじらはAmazon好きです。大抵の買い物はAmazonでできちゃいます。

でも、時々ですが「すぐ欲しい!」って場合もあるわけですよ。

そんな時にはリアル店舗。って言うわけで行って感じた事。

「売る気ねぇなこりゃ・・・。」

小売業に身を置く自分も気を付けたいなと思いました。

やる気(売る気)が伝わって来ない

陳列方法が気になる・・・。

今回すぐに欲しかったのはブルートゥーススピーカー。

というのも、この間のAmazonプライムデーで買ったechodotの音質が厳しすぎるため外付けできるスピーカーを探しに行ったわけです。

行かせていただいたのは、近くの家電量販店。

少し前に行ったときにPC系のスピーカーが何故か充実していたような印象があり行ってみました。

お目当てはこれ。

商品自体は売り場が変わっていて無かったんですけどね・・・。グヌヌ。

まぁ、無いのは別に問題はない。そんなにバカスカ売れるもんでもないでしょうしね。

しかし、それをあちこち探しまわってる途中で見つけたポータブルスピーカーコーナーでの事。

写真は撮りませんでしたが、音が鳴らせるようになっているのに鳴らし方がわからないような売り場。

スピーカーを接続している電源タップと思われるものが乱雑に商品とともに置いてある状態。

 

これって商品が良く見えるのでしょうか・・・?

 

確かに店内は広いですし、まぁ、どちらかというと小物的な商品でしょうから力の入れようもあると思います。

しかし、これはないよなぁ。

こういった売り場を見せられては、まだ見えない通販のほうがマシのような気がする・・・。

リアル店舗にはキラキラ感が必要だ。

これではネットに負けるのは必然

結局ここまで通販が発達してしまった現状において(扱う品目にもよりますが)リアル店舗の存在意義が低下しているのは事実なわけです。

そんな中で、やっぱりきれいな売り場であったり、わかりやすい陳列などもっと見直されないといけない部分だなぁと感じちゃいました。

だって品ぞろえも価格も負けちゃう時代なわけです。

それでも来てくれているお客さんに「あれはないなぁ。」

と、目当ての商品がない以上にがっかりしてしまいました。

平日の昼間でしたので閑散とした店内や携帯(業務端末ならすまん!)をいじっている店員さんを見たのも一因かもしれませんが家電量販店が苦境ってのもそういったところもあるのでは?

逆に少し高くても即座に商品をゲットできる強みもあるわけだから、しっかりとした演出と接客で取っていける売り上げもあると思うんだけど・・。

しかも陳列や演出って大変だけどいい方向に持っていければ接客というマンパワーを使わずに売り上げが取れてラッキーだと思うんだけどなぁ。

まとめ

自分の店でもあまり売れない商品などがほこりをかぶってたりしないだろうか速攻チェックですね。

くじらが勤めている店は高級店ではないですけど、やっぱり自分もキラキラ感があるところで働きたいじゃないですか。

結構お客さんはシビアにみていますしね。

リアル店舗にはリアル店舗で気を付けないといけない部分って絶対あるわけです。

逆にそこをおろそかにしてしまうと、わざわざ出向いてまで買う必要がないですからねぇ。

「人の振り見て我が振り直せ」を思い出しました。

えんど