人生で初めて確定申告してみた話 in 廿日市

やっほー。くじらだよ。

いやー。人生で初めて確定申告することになりました。

確定申告することになった経緯は退職した会社のミスです。

くじらは前会社の子会社からその親会社に移り、退職することになったのですが前会社の担当者が子会社のときの給料を入れないまま年末調整していたのです。(子会社は総務、人事部門を親会社に委託していたんですけどね)

まぁ、年末調整が中途半端な状態になってしまったということです。それでもっていきなり向こうから連絡があって、とにかく確定申告してくださいの一点張り。

そちらのミスをこちらがカバーしないといけないのですかね?

 

廿日市の確定申告会場に行ってみた。

と言っていても仕方がないので廿日市市税務署に赴くくじらです。(くじらは廿日市市民なのだ。)

こう言ったところは廿日市は便利ですな。わざわざ広島市内まで行かなくていいし車でビュンなところはラクですわ。まぁ、廿日市も広いから大変といえば大変ですが。

税務署内は結構準備万端のようで案内係の人とか床にわかりやすくラインが引いてあるとか工夫されてます。混むとは聞いていましたが税務署も準備してるわけです。

窓や壁に貼ってある案内用紙

会場内のライン(ぶれぶれですまぬ。)

 

いざ相談会場へ

相談会場は40人ぐらいが入れる部屋となっています。待ち合い所には7脚5列ぐらい椅子が用意してありますので座って待ちます。

平日の3時ごろでしたがすでに20人待ちの状態・・・。(待合室に入る前に係りの人が番号札を渡してくれます。)

 

待ち時間45分・・。お、おう。

 

待合所の前に机が並んでいて呼ばれた人は係りの人とそこで相談するというスタイルです。5、6人ぐらいスタッフの方がいらっしゃいました。

いやはや人が多いね。全くなんで前会社のミスをこっちがかぶんないと行けないんだか

 

アドバイスを受けてみる

なにせサラリーマン一筋ですから確定申告なんてしたことない。別に収入がある人は別なんだろうが・・・。

くじらはインターネットで書類を作って行っていたのでその書類を元に源泉徴収票とかと突き合わせて間違いを探すような感じで進みました。

ただ2社の給与で片方だけ年末調整済みという状態なので実際にはよくわからないまま書類作成しており、案の定違うことが判明。

結局、2社の収入などを合算した形で申告するのが正しかったみたい。

係りの人に手際よく教えていただいたのとこっちも少しやって見ていたのですんなり進んで助かりました。

こりゃ、わからんよね。素直にアドバイスを受けるほうが早いです。

 

次は3階のパソコンコーナーへ

アドバイスがおわると3階のパソコンでの書類作成コーナーへ案内されます。

ここでも会場前に椅子がずらっと並んでおり、混雑ぶりが予想できます。くじらの場合は待ちがほとんどなく行けました。ラッキー。

ここでも一人一人職員さんがついてくれてパソコンの入力方法を教えてくれます。そんなに戸惑うことはありませんでいた。収入や控除の金額、扶養家族の入力などですね。

ここで書類作成が終わると同室の印刷コーナーへ案内されます。

なんでもそこの印刷コーナーで印刷すればそのまま提出できるとか。ラッキーです。ここで印刷してもらった印刷物と源泉徴収票とかの添付書類をつけて専用の提出箱に入れれば確定申告終了!

おつかれー。

あ、でも追加の税金払わなくちゃ・・・・。

えんど