バットのグリップテープの跡が取れない!綺麗にはがす方法を見つけたぞ!

やっほー。くじらだよ。

くじらの息子はソフトボールクラブに所属しています。

どうやら使っているバットのグリップテープが痛んできた様子。

「取り替えてくれ!」との事で取り替えることになりました。

しかし、くじらはソフトボールも野球もしたことがありません。

まぁ、自転車のバーテープみたいなもんだろってことでやってみましたが、古いテープをはがした後が大変。

粘着が取れねぇ。

というあるある地獄に陥ってしまったのでした。

テープは取れたが粘着は取れない。

「しょうがねぇなぁ。」って感じでグリップテープの交換を行うことになったわけですが、交換自体は簡単なものです。

古いテープを取る。

新しいテープを付ける。

これだけ。

早速古いテープを取ったものの、跡に残るのは粘着部分。

どうやらグリップテープには両面テープが張ってあるらしく、それでバットとくっついてるんだけど、はがすときにグリップテープだけが取れて両面テープ部分はバットに残っちゃったようです。

まぁ、そのまま上に張っても問題ないんだろうけど剥がれたとか言われるとめんどくさいのでしっかりとることにしました。

粘着はがしの方法について

残ったノリとテープ部分の除去には以下の3通りの方法でアタックしました。

パーツクリーナー

これは失敗だった・・・。

取れるんだけど、粘着部分がまとまってしまって余計手間がかかる・・・。

ちゃんとしたテープはがし剤なら問題ないんだろうか?

だまになっちゃったノリの部分

ドライヤーは結構いいぞ!

パーツクリーナー攻撃がうまくいかず、だいぶん時間がかかってしまった・・・。

もう少しチャッチャと済ませたい。調べてみると暖めて取ると粘着が弱くなり取れやすくなるとか。

まずはカッターでアタックする部分を決めてから暖めました。

暖めながら引っ張る!

これはいい!サクサクいけるぞ!

というわけで、これでバットに残った両面テープはきれいに除去できました。

しかしながら、最初のパーツクリーナーで残ってしまったノリが厄介です。

だまになって取れないんですよぉ。

残ったノリにはベンジンが効いた

というわけで残ってしまったノリですが、相変わらずパーツクリーナーではなかなか取れません。

そんな時にカイロ用で買ってあるベンジンが目につきました。

これって効くのかな?

という事でバットと垂らしてみたところ、これがいい!

するする取れる。

ビフォア

アフター

おおっ!

ツルっと取れました。

やるなベンジン!

まとめ

バットだけでなく、こういったテープで付いている系のアイテム全般に効くやり方ってことでまとめました。

しかしながら、紹介した方法(パーツクリーナーもドライヤーもベンジン)もくっついている物を見て使ってください。

シミや変形、変質など起こるかもしれませんので。

今回は金属バット(カーボン)だったので別に問題はないと思いますが。

次からはかなり時短で取り替えられそうです。

えんど