くじら、船釣りで命の尊さを実感する。

やっほー。くじらだよ。

くじらなのに船釣りをしてきました(笑)

実はくじらは釣りをしたことがほとんどありません。最後に釣りをした事もあまり覚えてないぐらいです。正直あんまり興味がないというか・・・。

それが、まぁいろいろやった事がない事をやってみたいなぁ。という心境に近頃突然かつ勝手になりまして釣り好きの義父と一緒に船釣りに行ってきとという話です。

瀬戸内海はびゅーりふぉー

船酔いしないだろうか?

エサがなんか虫っぽかったら付けれないよな。(軟弱)

とか、釣る前から不安に狩られながら出発。
天気は良いし凪の状態で海もびゅーりふぉーです。
めちゃ寒いですが。

凪すぎて海がCGみたいな状態に・・・。シルキーです。

牡蠣いかだの横をずんずん進みます。

こういった所は自然豊かな地方都市の片田舎で良かったなぁと素直に思います。

まぁ、釣れんよね。

ひとまずポイント到着。義父にエサのつけ方や簡単な竿の扱いをレクチャーしていただき早速釣り開始です。
(エサは小えびちゃんだったので自分でつけれました。助かった。)

今回は時期もあまり良くないらしいのですが、ハゲ(ハギ)を狙います。
なんでもエサ泥棒と言われるぐらい掛かってる感触が無いままにエサだけ取って行く魚らしいです。

まぁ、釣れん。エサ付けて竿を下ろして上げてエサ付けて下ろすみたいな行為を延々繰り返す・・・。
座りっぱなしで腰が痛い・・・。

義父にはあたりがちょくちょくあるも、こっちはさっぱり。
薄々感じてはいるが、釣り方に問題があるんだろうな。

つ、釣れん・・・。

釣った!それは命です。

その後、ポイントを移動し竿の上げ下ろし作業を繰り返していたわけですが、ここで突然くじらの竿に手応えあり!

引き上げると結構大きなウマヅラハゲが!
(この魚の名前酷くない?誰だ考えたのは!)

やったーという思いもつかの間。いざ針を外そうと獲物を掴んだ瞬間。

 

こいつ生きてる!

 

当たり前の事ですが、くじらには衝撃的でした。

しっとりとした感触。

ドクドクという鼓動。

びっくりしたのかウンチもしてました。

スーパーに置いてある魚じゃない。切り身じゃない、今生きている生き物としての魚!
当然釣れたものは食べるのですが、生き物を食らうという事実を眼前に突きつけられた感じがしました。

 

「私はこの命を食うのです。」

 

自分たちが常日頃から食べている肉や魚、野菜も命です。頭では理解しています。しかし、そういった体験をほとんどしていない身としてはこの生きているという事を「感じた」事がとても印象に残りました。
もっと言えば釣りエサのえびちゃんも命です。

 

食べるということは命を頂くということである。自分の釣り上げた魚を見て子供の時に言われた言葉の意味を考えていました。

釣り上げた魚。フルグラの800gの袋の上です。

まとめ

海も綺麗だったし、船酔いもなかったし、魚も釣れた。

そしてなにより「食べる。命を頂く」という事を実感しました。今まで釣りなんてしたことがなかったのですが、やってよかったかな?

いろいろと学びがありました。

えんど