立ち仕事で起こるふくらはぎ痛の対策について書くよ。

やっほー。くじらだよ。

くじらは接客業で立ち仕事です。日によって増減はしますが基本的に立って仕事をすることがほとんど。

実際に連勤が続くとかなり足に疲労がたまります。

特にふくらはぎが重いというか痛いというか?という状況なってしまうと次の日の朝がきついです。

だって出勤後に開店の準備している時から足が疲れてるってかなりブルーになりますよ。

まだはじまってないのに疲れてるって・・・。キツイよね。

これから8時間だよ。ヨヨヨ。

※今回はふくらはぎの対処がメインの記事です。主に足裏に痛みを感じてらっしゃる人はこちら

立ち仕事で足が痛い?靴の中敷きを変えると楽になるよ!

くじらのふくらはぎ痛対策

  1. ストレッチ・セルフマッサージ
  2. 靴の軽量化
  3. 違う部位用のマッサージ器を転用

ストレッチ・セルフマッサージ

くじらは特にこだわってやってないんですが、効果はあると思います。

ふくらはぎ系はよくあるアキレス腱伸ばしタイプを行っていました。また、意外にも太もも関係も効果あり。

太もも前側を伸ばすと気持ちいいのみならず、足の違和感・疲労感が減少しました。

オススメです。

また、臀部のストレッチもオススメ!

くじらの場合、ふとももとセットで行うと効果大でした!

余談ですが・・・。

ストレッチに関してはWEBで調べても良いけど書籍もいいよ。

柔軟系だけどこれも参考になります。

最高に気持ちいい! 硬いカラダがグーンと柔らかくなる (マガジンハウスムック)

posted with ヨメレバ

菅原順二 マガジンハウス 2017-01-31

Kindleで購入

くじらはAmazonマンなのでAmazonのKindle unlimitedっていう書籍読み放題サービスに入ってます。(月額980円)

こういった実用書とかも簡単に借りれるのでお勧めです。

書籍読み放題サービス!Kindle unlimitedが微妙にオススメ!

マッサージについてはふくらはぎ関係を中心に「揉む」っていう感じで対応してました。

これって気持ちいいんですが、自分でやってるので疲れる・・・。

また、何かしながらマッサージっていう「ながら」行為が難しくてできないのが難点なんですよねぇ。

靴の軽量化

これはたまたまそういう時期が来たからというのが正しいのですが、使っていた靴が破れちゃって新調したわけです。

今までの靴がどちらかというと見た目重視の靴でして、重量が結構あったのとクッション性もなかったんですよね。

今回新しく買うにあたってコストももちろんですけど、機能にも多少気を使いました。

ただ、機能重視の方向に持っていくと格好がスニーカーっぽい状態になりやすい・・・。

多少は恰好も気にしたいし、コストもなぁ。といろいろ考えぎりぎりのラインを選択。

購入したのはホーキンスのビジネスシューズHB80066というもの

ABCマートで売ってた。入手性の高さもいいと思う。

こんな感じの靴です。

今までのものより軽ーい。

靴底滑らなーい。

クッション性あるー。(ノーマルでもある程度。中敷きを入れるとよりいいですけどね!)

で、まぁ満足しています。

特に軽量化は効いていますね。疲れ方が違います。

違う部位用のマッサージ機を転用

くじらは肩こり性なので肩用マッサージ機を持ってます。

すごく古いものです。かれこれ15年前ぐらいの商品だったか?

肩用なので妙な形をしています。

勇ましいヘッド部

名称:TOKOTON HIT

すげー叩かれそう(笑)

まぁ、実際すごく叩かれます(爆)

これをふくらはぎにあてるわけです。

形状が形状なんでとってもやりにくい・・・。

ただ、やっぱりとことん叩かれるので気持ちいいし、終わった後重かったふくらはぎが若干スッキリしているってのはさすが!

あと持ってるだけで叩いてくれるので自分でやるよりは多少楽かなぁ。

効果を考えるとやっぱり専用のマッサージ機の導入を考えるべきか迷うところですね。

まとめ

立ち仕事で足が痛いっていうのは、「あるある」というより必然でしょうね。

実際店舗で働いているスタッフ全員が痛いといっていました。(5人全員)

特に朝から疲れてる・痛いって切ないですし、接客にも影響しますから何とかしたいところです。

テンションが上がってないと接客って難しいんですよ・・・。

くじらは男なんでまだいいかもしれませんが、女性スタッフなんかでヒールがあったりすると大変そうですよね。

疲れをとっていい仕事をしたいもんです。

くじら的な工夫でした。

えんど